読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくないブログ

一向にプラスに転じない競馬、パチスロの改善を試みるブログ

リエノテソーロは買えたよなぁ【2017NHKマイルカップ回顧】

2017NHKマイルカップの回顧です。

 

予想はこちら。

2017NHKマイルカップの予想だよ~【買い目に追記あります】 - 働きたくないブログ

 

カラクレナイ、アエロリット、アウトライアーズ、モンドキャンノミスエルテに、レッドアンシェルを追加した6頭ボックスを買いました。

結果はこんな感じで。

◎カラクレナイ…17着

アエロリット…1着

▲アウトライアーズ…13着

モンドキャンノ…12着

ミスエルテ…9着

※レッドアンシェル…4着

レース後コメントはこちら

【NHKマイルCレース後コメント】アエロリット横山典弘騎手ら - netkeiba.com

 

印を付ける段階で、どの馬にも不安を感じていたんですが、見切り発車的に馬券を買ってしまいました。

それでは印を付けた順に振り返っていきます。

本命のカラクレナイは距離と輸送が響いたような感じでしたが、もしかすると道中馬群の中でレースを進めたことも原因だったかもしれません。

ローエングリン産駒で切れる脚もなさそうなので、次回多頭数の内枠に入ったら危ないかもしれないです。

距離に不安があったことはレース前からわかっていたことですが、G1のデムーロ騎手ってこともあって過剰に評価してしまったなぁと反省です(´・ω・`)

 

対抗のアエロリットは横山ノリ騎手がポツンとかやらかさなければ好勝負必至と考えていましたが、強い内容でしたねぇ。

関東馬にとって鬼門とされる桜花賞からの参戦で、より一層の上昇が期待できる馬でしたね。

昨年も桜花賞敗戦から臨んだ関東馬メジャーエンブレムが勝利しており、今後はひとつのトレンドになるかもしれません。

 

他の馬と比べて距離に不安がないことから、単穴に指名したアウトライアーズはちょっとよくわからない敗戦でした。

普段ウッドチップコースで調教していた馬ですが、マイルカップ前は傾斜のゆるい美浦の坂路での調教ということで、脚元の不安があったのではないかって話もあるようですが。

また、スプリングS以降馬に覇気がないなんて話もあるようで、レース前のコメントを見ると確かにそんな感じもします。

アウトライアーズ田辺騎手「得意の距離で挽回したい」/NHKマイルC共同会見 - netkeiba.com

例年、暮れの中山で行われるホープフルステークスの勝ち馬の、その後の成績が芳しくないなんて話が出ます。

昨年勝ち馬のレイデオロもぶっつけで皐月賞に参戦することになりました。

アウトライアーズも暮れの中山ひいらぎ賞で強い競馬をしていたので、そのぶん疲れが溜まっているのかなぁ。

 

モンドキャンノは距離が大きな原因でしょう。

スプリングSも1800M程度の距離で負けすぎですし、朝日杯にしても外から雪崩こんできただけでそんなに評価できる内容ではなかったですし。

じゃあ買うなって話ですが、ルメールが怖くて…(´・ω・`)

 

続いてミスエルテ

デビュー以降常に馬体重が減り続けて今回もマイナス4キロでの競馬に。

輸送もあってまず買えない馬でしたが、東京の馬場状況とフランケル産駒ということで買ってしまいました。

馬体が回復すれば。とも思いますが、この馬が結果を残した新馬戦、ファンタジーSともに出走メンバーがイマイチなんですよねぇ。

馬体の減りや輸送を考慮すればよくやってるとも思いますが、万全の状態でレースに出走することがないので、能力の比較が難しいですね。

 

6番手評価のレッドアンシェルは経験の少ない中での4着と、評価できる内容だったと思います。

1000M通過57.9の消耗戦で、ロスなくじっくり脚を溜めて乗れる福永騎手は、こういったレースを得意としていると思っているので、ここでもいいレースを見せてくれました。

 

さて、次は買えなかった馬についての回顧です。

まず2着のリエノテソーロについては、こんな評価をしていました。 

ダートを2戦挟んで久しぶりの芝での競馬となった前走は、アエロリットにも勝っているライジングリーズンと僅差の競馬と上々の内容でした。休み明けから上昇見込めそうですが、高速決着だと厳しい感じもあります。

と。

ライジングリーズンを物差しにしての能力の高さ。明らかに叩き台だった前走からの上昇を評価しつつも、過去洋芝の札幌、ダート、馬場の重い中山と好走していたこともあって、「高速馬場は不向き」と評してしまいました。

ここで「不向き」ではなく「未知数」と評価することができれば、また違った買い方もできたかなぁと反省。

人気もなかったので、積極的に買い目に入れなければならない馬だったなぁと悔やんでも悔やみきれないレースになりました。

 

3着のボンセルヴィーソについては、

結果出してもなかなか人気にならない馬ですね。 ニュージーランドトロフィー組はレベルが低いと考えているので、今回は見送ります。 直線の長い東京なので逃げ馬には厳しいところもありますし。

との評価。

過去のレースがどれも凡戦と評価していたので、ここでも買うのは難しかったです。

まあでも、上位馬に不安も多かったので、展開に左右されがちな逃げ馬ながらも安定したレースを続けていたことを、もっと評価していればよかったなぁと思います。

朝日杯3着から牡馬クラシックには見向きもせず、ここ目標に仕上げてきたのもよかったですしね。

 

馬券の結果は1500円負けでした。

ルメールデムーロを安易に買ってしまったことや、リエノテソーロを買えなかったことなど、反省点の多いレースでしたが、そのぶん勉強になることも多かったかなぁと思います。